TOKYO雑感。

●今大会のRIZINでは、特に目ぼしいグッズがなくて、会場で買ったのはパンフのみでした(^^;)

●各地区の営業所内で、この時期に重宝するのが、エアリズムの室内上下セットです(^^)。肌触りも◎。

●山手線の電車に乗ろうと、到着した車両を見てビックリ!。新日本プロレスのG1クライマックス仕様のラッピッング車両でした(^^)。ちょい、テンション上がりました。

●ザギンを歩いてると、やはり気分が変わります(^^)

●「デニム&サプライ」が遂に閉店!。次は、ラルフローレンで引き継ぐそうです。

●「トランクホテル」に早くも再訪!(^^)。お茶だけでも、クールダウンでき、寛げます☆

●今回、惜しくも…試合では負けてしまった~所 英男のreversal製・最新限定Tシャツ。白の方がカッコ良かったんですが、黒を買いました(^^)。今回は、ギャンブルマンガ「嘘喰い」の筆者とコラボで、

”苦痛がなければ、犠牲がなければ、何も得られない”

”無意味に生きるか、何かの為に死ぬか”

という、試合に向けたハードボイルドなメッセージがバックプリントに用いられています。

しかし、reversalのデザインやインパクトは格闘家やアスリートだけでなく、一般的にも受け入れられるクオリティだと改めて感心しました。私服では着ませんが(^^;)、次のジムキャンプから着用したいと思います。

●TOKYOでは、もう1つ、次の物件をチェックしています。

カテゴリー: ONE パーマリンク