いじめ絶滅へ。

image2 image1 image1

遅れ過ぎ感がある中……ようやく、いじめ対策のニュースらをあちこちで目にするようになった今。

呆れたニュースを目にしました。

金沢市内の小中学生の3割が、いじめ被害者にも悪い原因があるというアンケート結果が出たとの事で、

”被害者も悪い”

だと。

あのねぇ、、、

確かに絶対ないとも、0%だとも言えませんが……何を根拠に言ってるか!

こんな事を発表する事自体も、ニュースにする事すら問題だと思いますが。

本当、”世も末”とは、これにも当てはまります。

だいたい、自分がいじめに遭った事もないで他人事、蚊帳の外のような認識をしているのが、この3割もいるから、いじめが減らない元凶なんだとも思いました。こんなクソガキどもは、いじめを目の当たりにしても、見ても見ぬふりの見殺し役を演じてるのか、演じるつもりでありましょう。

いじめを犯罪とも悪とも思ってないんでしょう。

こんな連中から低年齢化する凶悪犯罪らが生まれるんじゃないかとすら思えてしまいます。

いじめ撲滅の根本根底に、こんな田舎の無知無能なクソガキどもを教育し直す事からしなければならないでしょう。

いじめをする奴は絶対的に悪い、しかし…同じ位、知らんふりや見て見ぬふりする奴も悪い。当たり前の同罪です。

いじめをやってる連中(加害者)が、いじめられる方にも問題や責任があるなんて風習でも立て始めた時には目も当てられません。

まだまだです。

もっと、もっと、いじめ問題の当事者以外の連中から意識を変えさせないとダメですね。

カテゴリー: ONE パーマリンク