長渕 剛~最新LIVE・DVD発売。

image3 image3_1 image2 image2_1 image1_1 image1

長渕 剛~2016年のアコースティックツアー「THANK YOU」のLIVE・DVD&BLUE RAYが発売されました。

僕が観た、長渕・還暦バースデーLIVEの翌日のZEPP TOKYO収録分です。

福岡のタワレコにも珍しく、”長渕コーナー”を設置し、長渕本人の直筆サイン入りボードや使用ギターまで展示する気合い?の入り方です(^^)

今回は、限定版の方に”タオル入り”というのがあり、そちらを買いました。

早速、観ましたが……

長渕本人が、このZEPP公演がツアー中、一番の神ってる?出来栄えだったそうで、当初、予定してなかった映像化に踏み切ったという経緯だそうです。

長渕曰く…….

”ステージっていうのは、やっぱり表現者(アーティスト)とオーディエンス、スタッフ、この3つで出来ている。この全てがパーフェクトだった。そうそうないんだよね。ライブが終わったあと、充足感に満ちて美味い酒が飲める夜なんてそうそうない。そういった意味では、すごぶるパーフェクト。”

と。ここまで言い切っています。

そんなLIVEを改めて映像で見直してみると、大会場でのセットや照明らの大掛かりな演出がない分、LIVEハウス特有の手を伸ばせば届きそうな~いつも以上に濃密な臨場感があったり、息使いが聞こえてくるようです。照明も極限まで落とし切った、”暗闇”をテーマにした分、一層の際立つリアリティをヒシヒシと感じます。

全17曲を収録した中で、僕的は……「生意気なパートナー」とラストの「乾杯」が圧倒的オーラを放っていました。

「乾杯」は、年末のFNS歌謡祭で、放送事故的に震撼させた?(笑)あのヴァージョンです。

FNS歌謡祭での、あの「乾杯」ヴァージョンは既にこの時に、生まれていたのです。長渕LIVEとしては、騒がれない当たり前?のレベルですが……やはり、これを一般地上波でやると、あんな騒ぎになるわけです(笑)

僕には、この「乾杯」が、前振りは別にして…リメイクし~”ネバーチェンジ”のアルバムに納められた、あの結婚式でお馴染み「乾杯」に近いイメージなんで気に入ってます。

このツアーは、長渕にしては珍しく?穏やかな曲調の構成が中心となり、バンドスタイルとは全く異なる~ダンディかつムーディな雰囲気でのLIVEでして、これはこれで僕のような長年、長渕を観続けている者からしたら、意外性があって楽しめます(^^)

特に、毎回のLIVEやツアー毎に、映像化する長渕シリーズの中でも毛並みの違う~異色の1作として語られる作品に仕上がったと思います。

さて、そんな長渕が今年は、”面白い事やるから!”と宣言していますから、次の一手を待ちたいと思います。

カテゴリー: ONE パーマリンク