RIZIN・無差別級トーナメント2ndラウンド @ 埼玉

image14 image13 image12 image11 image9 image8 image7 image5 image4 image3 image2 image1

今回のTOKYOステイ中を含む10日間以上は、全く雨が降らないみたいです!(^^)

そして……お待ちかね☆

恒例~年末格闘技「RIZIN」を迎えました!

今年も、29日~31日の3日間、埼玉スーパーアリーナで、30日(1日)の空き日を挟み、大会は2日間、格闘技EXPO(格闘技ミュージアム&イベント)は3日間の開催です。

今日の初日は、目玉である~「無差別級トーナメント'2016」の2回戦4試合とリザーブマッチ1試合を中心に全13試合が行われます。

見せ場である~オープニングの煽りVで、

”今年も またここで会えた。”

という、泣かせるフレーズが出た瞬間、僕も2016年、相次ぐ…死闘、激闘を制し続け、この埼玉の地に生きて、辿り着いて来たんだと涙腺が一気に緩み出しました。。。涙

ここに足を運んできた人達、皆んなが、それぞれの人生の喜怒哀楽らを背負い、たまアリの空間で闘いの魂やエール、バトンらを共有するんだと思います。

高田さんの、トランペットを吹く隠し芸?を挟み、全選手入場で高田さんの、

”強者たちよ 出てこいゃーーーーっ!!!”

の咆哮で会場が一気にスパーク!!!

その流れから、第1試合試合に突入し~まさかの北岡勝利!!!のアップセットで会場が沸き、良い熱を持続しながら、メインのミルコが執念とも思える怒涛のラッシュで前年チャンピオンのキング モーにTKO勝利し、幕を閉じた~無差別級トーナメント2ndラウンドでした。

全体を見れば、オープニングを番狂わせ?で勝利した北岡、山本KIDの弟子である矢地の秒殺勝利、キックの天才高校生~格闘技界の大谷翔平の呼び名高い……那須川天心のMMAデビュー戦、日本女子カクの立役者・中井りん、久々の試合となった~往年のPRIDE名選手の1人・ヒース ヒーリング、ミルコとスクランブル出場で戦ったキング モー、これら選手が印象に残る良い試合を観せてくれたと思います。

濃いメンバーやカードが並ぶゆえ、あまり語られなかった…現役・女子高生ファイターの浅倉カンナについてですが、僕は、制服姿で入場してきたシーンで不覚にも涙が出てきました。別に狙ったビジュアルの演出なんて当たり前の事はどうでもよくて、多感な女子高生のタイミングで、格闘バカ一代(笑)のような父親に、”宿題する時間があるなら練習しろ!”なんて言われながら、格闘技の世界と格闘家の道を歩む〜10代の雑草女子に感情移入せざるをえませんでした。この日に同じ出場となった、現役高校生ファイターのエリートで、”天才や神童”と形容される、那須川 天心とは皮肉にも明暗分けた結末となりましたが、ぜひここから再起して、またRIZINの舞台に立ち、勝利を掴んでほしいと思います。

そして、31日の無差別級トーナメントの準決勝は、僕イチオシの、イランが生んだレスリングの英雄・アミール アリアックバリvs皇帝・ヒョードルの弟子~ワレンティン モルダフスキー。そして、ミルコ クロコップvs把瑠都(バルト)で決定しました!。お互いの勝者同士が31日のその日に決勝も行ない、トーナメント優勝者が決まります。

大晦日、31日も楽しみになってきました(^^)

フジTV系列の地上波放送・18時~大放送です!。ぜひ、ご覧ください!

カテゴリー: ONE パーマリンク