無念、照ノ富士。

image1_66.JPG

大相撲も見る時間などありませんが(^^;;、ニュースや新聞で結果などに目を通します。

今場所、白鵬と日馬富士の2横綱が休場という事もあり、締まりがない?気がしないでもなかったんですが、他の日本人大関にもチャンスがあるとう絶好の場所だったんですが、快進撃を続けたのは照ノ富士。

このまま、よもやの全勝優勝かと思われた矢先、まさかの膝の負傷!

強行出場したものの、3連敗で万事休す。

千秋楽で、横綱・鶴竜との本割(本戦)では、快心の攻めで圧勝したものの……こうなっての優勝決定戦では、何故か勝てないのが”大相撲の世界”という嫌な予感が的中!(ーー;)。鶴竜が他の2横綱が休場したという事もあり、ラッキーな優勝。正直、照ノ富士の負傷がなくて、白鵬と日馬富士が通常の全開モードで出場していれば、まず〜鶴竜の優勝はなかったはずです。

それにしても、負傷に泣いた格好の照ノ富士は心底、悔しいでしょうね。

次の年納めの九州場所では、稀勢の里と琴奨菊の日本人大関にも優勝戦線に絡んでほしいものです。

カテゴリー: ONE パーマリンク